So-net無料ブログ作成

痛いときが悪いではない!? [症状]

おはようございます[わーい(嬉しい顔)]

みなさん、身体って痛いときが悪いときと思っていませんか??

その常識が当てはまるのは私の経験上、十代までだと思います[ひらめき]

成人して社会人になり、不規則な生活やストレスで、身体はじわじわと凝り固まっていき、血行不良を引き起こし、生活も身体も悪循環になる・・[どんっ(衝撃)]

しかし、二十代は筋力も十代の貯金があるため、比較的症状が軽かったりでなかったりと個人差があります。

もちろん、凝りは進行しています[あせあせ(飛び散る汗)]

そして、凝り症状(頭痛、首肩痛、背部痛、腰痛、関節痛、不眠眼精疲労、痺れetc・・)は三十代~四十代で爆発[ふらふら][どんっ(衝撃)]

このとき初めて、『最近、凝ってきたなあ~[たらーっ(汗)]』と気づく。

もちろん、凝りはこのときよりだいぶ前にできているため、なかなか症状が改善しないといったことになります。

身体というのは、痛みを隠すことが上手です[ひらめき]

しかし、これに甘えていると身体はボロボロになります。

頑張る身体を月に1~2回は労わってあげましょう[ひらめき]

こういったケアする積み重ねが、のちの健康につながります[ぴかぴか(新しい)]

身体を大事にしてあげてください。

では、本日もお待ちしています[手(チョキ)]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0